最強マルチビタミンアナバイトの飲み方から成分まで疑問を解消!
HOME > 筋トレやダイエットにもおすすめアナバイトのビタミンB群。アナバイトってこんなサプリメント。

筋トレやダイエットにもおすすめアナバイトのビタミンB群。アナバイトってこんなサプリメント

アナバイトは本当に筋トレに効くってホント?

アナバイト(アスリート向けマルチビタミン&ミネラル)

アメリカ生まれのトレーニング用マルチビタミン、アナバイト。さすがフィトネス大国生まれのサプリです。
マルチビタミンというジャンルでくくってますが、毎日のトレーニングの質を上げるための栄養素をかなり多く含んでいる、というか、ちょっとマジ大丈夫か? と思うほどのイカれた成分量が配合されたビタミン剤です。日本のビタミン剤ではまずありえないでしょうねwww。
コスパの高さと筋トレ効果、疲労回復など、ワークアウトサプリとしても期待してしまいます。

実際のレビューや評価はこちらのページを確認してください。
>>アナバイトはマジ効果が凄い!! これは究極のマルチビタミンですよ!

ビタミンは、体にはとても大事な成分なのに、「これ、効いてんのか?」と、時々疑問に思ってしまうジャンルであるのは確かです。 ただ、使う使わないで比べると明らかに変化があるので、一度飲んだら手放せなくなるサプリでもありますよ。

アナバイトの特徴と方向性

アナバイトの特徴と方向性

アナバイトの特徴と方向性ですが、メーカー側もトレーニング用としか言ってなくて、具体的に特徴や方向性というのは「使えばわかるって!」って感じでしょうか? なのでこれは、実際使っている私の個人的な感想と解釈、意見がかなり入ったコメントになりますwww。

まず、トレーニングを始めると、最初はプロテイン、次にBCAAかな? まずアミノ酸系サプリから順番にいろいろ手を出していきますよねwww。クレアチン、HMBなどの有名どころを回って、次はグルタミンなんかの回復系かな。そのあと筋肥大系、燃焼系辺りをウロウロして、一番最後に気にするのはビタミンミネラルじゃないでしょうか? そもそもビタミン類って、効いてるのか効いてないのかよく分かんない、その場で効くタイプのサプリじゃないからね、どうしても後回しになっちゃいます。
ん? 大丈夫、みんな通る道ですwww。
ただ、ビタミンにたどり着く前にニワカトレーニーはトレーニングを早々にやめてしまうので、意外とビタミンミネラルをどうこう言いだす人って、それなりに知識を持った中堅クラス人が多くなってきます。
まさにアナバイトは、そういったクラスの人たちを対象とした、ちょっとマニアックなマルチビタミンなんじゃないかと私は思ってますよwww。アミノ酸は体を作る素材でありエネルギー源です。それらを適材適所に運び運用する潤滑剤のような役割を持っているのがビタミン。なかなか体感で分かりにくい成分ですが、これを実感として理解できた人が使ってるって感じでしょうかね。そういう意味では他のマルチビタミンに比べて「分かりやすい」存在です。

ジャラジャラと大量のビタミン剤を飲まないでよい濃縮された錠剤。
特に運動によって消費されてしまうビタミン類を中心に一日の摂取量をはるかに超えたインフレ気味の配合量。
摂取しすぎても余った分は排泄されてしまうものが選ばれている成分。
さらに、一日の摂取量40倍なんて成分がある中で、ホエイプロテインなど牛乳成分から摂取されるであろうカルシウムなどはあえて12%まで落としていることや、有酸素系と無酸素系で消費量が違う鉄分を低めに設定しているなど。
他のアミノ酸系サプリとの併用を想定している組み立て方になっていると想像できます。

アナバイトは、ビタミン剤なのにどうしても筋肥大やダイエット効果が注目されがちです。
でも、自分に合わせたカスタマイズもしやすく、ある程度こなれた中堅クラス以上の一般トレーニーにとっては手間なく無駄なく、あまり考えなくても長く使えるマルチビタミンというポジションなんじゃないでしょうか? 実際使ってて、私はそういう印象をとても強く感じます。

では、プロ仕様なのかという疑問も出てきますよね。
残念ながらドーピング検査で陽性が出てしまう異物混入が発生してしまったので、プロ用というイメージは捨ててください。一般ユーザー向けのトレーニングサプリという位置に現在います。だいぶ叩かれたりディスられたりしたので知ってる人も多いですよね。でもね、プロが絶賛してたけど、そもそも私はこのアナバイトがプロ仕様として作られていったものなのかどうか、最初からちょっと疑問がありました。
この成分仕様はそもそも多くのほかのサプリメントと併用することを前提とした構成になってます。特許を取ったブランド物の成分が半分以上入ってます。こういった特殊な部類に入ってしまう成分は、いつドーピングの禁止ジャンルに引っかかってもおかしくないので、こんな危険をプロ仕様が最初からとるのかな? という疑問がありました。特にこの価格帯、プロ仕様がこんな安いはずがねぇよなぁwww。
アナバイトのこの大失態、どこで間違えちゃったのかねぇwww。私も社会人の立派な大人ですからね、何となく大人の事情はわかります。アメリカの会社らしく、マーケティングとかに引っ張られちゃったんだろうねぇ。本来プロ仕様って耳障りは良いけど、一般ユーザーからしたら「効かない、使えない、使いずらい」とかなり制約があって一般向けじゃないはずです。変な話、リップクリームや目薬でドーピングに引っかかったって人も少なくないわけですから、尖った機能はあっても、一般的な能力底上げには全く効果なしってのがプロ仕様ってイメージね。
ね、どおよ? 聞いただけでもアナバイトの機能スタイルとだいぶかけ離れているのが分かるでしょう?

アナバイトはあくまで一般ユーザー向け。それもマニアックな相乗効果をうまく使いたい中堅トレーニー以上向けっていうのが本来の姿だと思います。ボディビルディングサプリメントメーカーというイメージもかえって悪い方向に転がっちゃったんでしょうね。ちょっと前までアナバイトって、どっちつかずのイメージになってしまってました。内容成分の品質にこだわっていった結果、プロ仕様というより、プロでも使える安全性がある製品というところが本来のセールスポイントだったんだと思います。どっかですり替わっちゃったんでしょうねwww。

こう考えていくと、おおむね使う方向性というか、使い方が何となくわかってきますよねwww。

アナバイトのギャスパリニュートリションとは?


https://gasparinutrition.com/

アナバイトを製造販売している会社は、正式名称Gaspari Nutritionです。
一般的にはギャスパリで通っている会社ですね。
ギャスバリは、元ボディービルダー、リッチ・ギャスパリが2001年に立ち上げたサプリメーカーです。

リッチ・ギャスパリは80年半ばから90年代にかけて活躍したプロボディービルダーで、IFBBのミスターオリンピアに何度も出場し、そのほかの大会でも数多く優勝している業界では有名なビルダーさんです。その彼が、たんぱく質だけではなく、ビタミンやミネラル、吸収効率のいいそのほかの成分もバランスよく取らないと体は大きくならないと、ビルダー目線でサプリをプロデュースし、設立した会社がGaspari Nutritionです。

そのおかげで、通常ボディビルサプリメーカーとしてはちょっと変わった独自の製品を生み出しているメーカーでもあります。通常この手のサプリメーカーの場合、プロテインが主軸製品として前面押し出されてくるものなんですが、プロテインだけではなくアミノ酸やBCAA、ビタミン類などが並列で幅広くトレーニング重視で押し出されています。プロテインとグルタミンとマルチビタミンが同列扱いって、変わってるよね、パッケージもシンプルなのによく見ると素材が凝ってるしwww。製品もそれぞれ独自性が強く、プロテインであれば成分段階吸収技術、アミノ酸であれば回復と持久力サポートするワークアウト成分を付加してあったりと、まさにビルダー目線の製品が多いのが特徴です。そういう意味ではアナバイトもそうですよね、マルチビタミンなのに筋肥大と脂肪燃焼が付加されているwww。まさにトレーニングのつらさを分かっている、痒い所に手が届く、ちょうどいい感じのひと手間を省略してくれるサプリって感じです。
私もアナバイトのほかに、AminoLastHyperAminoBCAA6000Glutamineなんかも使ってますが、結構お気に入りですwww。あれ? 全部プロテイン以外のサプリばっかりだwww。

Gaspari Nutritionは、ジョージア州とペンシルベニア州で運営されているcGMP認証会社ですべての自社製品を製造しています。自社資本のみの直営型の企業ですが、アメリカでのシェアというか、認知度はどんなもんか気になるところですよね。
アメリカのメジャーサプリメーカーというと、外資の巨大資本が入り、全世界規模での戦略展開をしているので日本のスケールと比べようがないのですが、一人の有名選手の名前を冠したマニアックなサプリメーカーとしては、アメリカ国内でそこそこっていう感じです。知名度認知度シェア共に、中のチョイ下ぐらいといったところでしょうか。ただ、日本とは市場規模が桁違いなので、ホントに比べようがありませんわwww。日本でいうと、例えが難しいなぁ、全然タイプは違うんですが、Kentaiやビーレジェンドのリアルスタイルといったところでしょうか? うぅ~ん・・・違うかwww。
まあ、スポーツサポート要素が強いマニアックなメーカーであることだけは間違いないですね。

アナバイトの筋肥大効果、ダイエット効果

アナバイトの筋肥大効果、ダイエット効果

アナバイトは27種類のビタミンミネラルがインフレ気味のイカれた過剰な量で含まれています。
中には筋肥大、ダイエット効果を意識した成分も多く含まれていますよね。
こんなに一日の摂取量を超えた量を飲んで大丈夫なのか? ちょっと疑問に思って、一応、薬剤師の友人に聞いたことがあるのですが、ビタミンミネラルは過剰分は尿として排泄されてしまうので多いぐらいでちょうどいいといわれました。ただ、日本の市販のビタミン剤はちょっと成分量が少なすぎるけど、このアナバイトってのはすごいね、アメリカ製? へぇ~、だってwww。

とにかく、インフレ気味のイカレた量の栄養素量が特徴。ザックリいうとビタミン群は通常必要量の40倍近く配合されてますからね。

  • ベータアラニン(Carnosyn®)
  • カルニチン(Carnipure®)
  • ビタミンD
  • ビタミンB群
  • クロム、マンガン、亜鉛、バロン

など、本題の筋トレ効果、ダイエット効果に影響する成分について紹介しておきます。

ベータアラニン(Carnosyn®)

アナバイトに採用されているカルノシンは、ベータアラニンとヒスチジンが結合した成分で、Carnosyn®はカルノシンのブランドになります。
2015年に国際スポーツ栄養学会にレポートされた比較的新しい成分ですが、ベータアラニンは運動による疲労を軽減し運動能力を高める効果が認められており、アメリカではスポーツ選手や筋トレマニアにはかなりの人気です。
特に短時間のレジスタンストレーニングには高いパフォーマンスを発揮するので、スクワットやベンチプレスなど、筋トレの動きに最適! まさに筋トレのための成分と言えちゃいますwww。

効果としては、

  • クレアチンとの相乗効果
  • 単体でも筋肉の収縮が大きくなり強い力を出せる。
  • 疲労を抑える。
  • 抗酸化作用による疲労回復。
  • 体脂肪が減り筋肉量のアップ

などなど、ちょっとクレアチンのパワー継続とちょっと似ていますwww。
ベータアラニンそのものは直接エネルギー源となるわけではないですが、クレアチンとの相性もいいですし、筋力アップ、レップ数のアップ、持続の向上、疲労回復をサポートするので、いつもより多くのトレーニングをこなすことができるので、結果として筋肥大に役立つということになります。また、ベータアラニンがサポートするエネルギーは「解糖系」であることや、運動量そのものの強度と回数を上げられるので、トータルの運動量が増えることで、脂肪燃焼にも間接的にですが、役立っていますwww。
ただし、ベータアラニンもクレアチン同様ベータアラニンローディングというものが必要になるので、具体的に効果が出始めるには1か月ほど飲み続けないといけないという難点はありますね。

ベータアラニンは摂取しただけで筋肉ムキムキになると勘違いしている人もいるみたいですが、もちろん飲んだだけでは何も変化はないですよ。飲むと運動のサポートや運動そのものが楽になるというたぐいのものなので勘違いしないでくださいねwww。

カルニチン(Carnipure®)

アナバイトに採用されているCarnipure®はカルニチンの高級ブランドです。
もう、カルニチンは超有名サプリで様々なダイエットサプリに含まれているので知らない人はあまりいないでしょうwww。ちなみにアナバイトでは3粒で1000mgも摂取できてしまうので、私、別のサプリで取っていたのをやめて、ちょっとお小遣いが浮きましたwww。

  • 脂肪燃焼効果
  • 筋肉分解の抑制
  • 脳神経の活性化
  • テストステロンのアップ

海外では心臓疾患、運動能力改善に使われることが多いですが、日本ではダイエット健康食品として使われていることの方が多いですよね。これは「脂肪をエネルギーに変えるのに必要不可欠」という事に関係していると思います。本来は体内で生成できる成分なんですが、ダイエット中やビーガンなどの野菜中心の食生活の場合、不足することがあるので要注意です。脂肪酸を細胞のミトコンドリアに運ぶ役割があるんですが、不足するといくら運動しても脂肪が減らず、また元に戻ってしまうので努力が水の泡になってしまうんですよね。
また、脂肪をエネルギーに変える機能のほか、筋肉の分解を防いだりテストステロン値を上げる効果もあるので、ダイエットの脂肪燃焼だけでなく、筋トレ効果の両方に役立つ成分になります。

ビタミンD

魚などに多く含まれているビタミンDですが、筋肉を成長させるテストステロンのレベルが高くなる作用があります。筋トレをしている人であれば、何をいまさらと思うかもしれませんが、意外と知られてないので要チェックです。
男性ホルモンの一種であるテストステロンですが、ビタミンDにはこの筋肉を増やすホルモンを増やす効果があるって思っておいてもらえばいいですwww。
ビタミンD不足になると、運動しているのに筋肉や骨が細く弱くなってしまうといわれているので気をつけてください。
なかなか魚を豊富に食べるというのは難しいと思うので、最近ではフィッシュオイルなどで補っている人も多いようですが、アナバイトの場合、三粒で必要量の250%摂取できるので、ぜひ活用しましょう!!

ビタミンB群

ビタミンB群は筋トレには最も大事なビタミンです。
このビタミンB群がプロテインに配合されていることが非常に多いので、気がついている人も多いと思います。
特にビタミンBの1、2、6、12は特に重要。
私もアナバイトを飲み始める前は、ビタミンB群だけ別のサプリでプロテインに追加して飲んでました。
ビタミンB群は筋肉のエネルギー変換に必要不可欠なビタミンですが、糖質やタンパク質、脂質の代謝を促進させるのでダイエットにも大変有効。 しかもトレーニングによる消費量もかなり多く、積極的に取っていかないとハードトレーニーは不足気味になってしまうビタミンだったりもします。ただし、ビタミンB群は飲むと小便が黄色くなるので知っておいてくださいwww。アナバイトが飲むと小便がビックリするぐらい黄色くなるって、このビタミンB群が大量に含まれているからだったりします。
もしアナバイトを飲まなくても、ビタミンB群だけは、筋トレ、ダイエットをしている人は絶対摂ってくださいね。

クロム、マンガン、亜鉛、バロン

クロム、マンガン、亜鉛、バロンは、ミネラルに分類される金属類に当たります。
この辺は男性諸君はよくわかってますよねwww。男性のパワーアップには必ず入ってくる成分ですwww。
特にクロムは筋トレトレーニー御用達のブロッコリーに、亜鉛は牡蠣やレバーに多く含まれています。
これらの成分はインスリンの力を高める効果があり、筋肉を作る筋トレには必要不可欠です。
クロムが不足すれば代謝が悪くなり、特にトレーニーは亜鉛が不足しやすく、不足するとスポーツ貧血を引き起こす原因にもなります。
トレーニングベースで考えてしまってますが、運動系のミネラルとしては、これらの成分を含むサプリは必須ですよ。

たんぱく質はプロテインで多く取っている人は多いですが、効率よく吸収されないと意味がありません。せひビタミンミネラルはきちんと摂取してください。

アナバイトは効果なし? イマイチ? 実際使ってみた感想♪

さて、実際に使ってみた率直な感想、必要ですよねwww。
筋トレベースで申し訳ないですが、私が実際アナバイトを使った感想です。
正直、飲み始めて最初、特に変化を感じませんでした。
あれ~? なんか小便が真っ黄色になるだけで、なんか効いてんのかどうかよく分かんねぇなあ、って思ってました。目覚めが良くなるとか、朝、体が軽いとかいう人が多いんですが、ぶっちゃけグルタミンを飲んでいたのでそっちの効果が凄すぎて、朝の体の軽さや目覚めの良さはグルタミンの方がより具体的だったのでよく分かんないwww。

言うほどあんまり効果がないかなぁ? イマイチかなぁ~。
まあ、買っちゃったんで飲み続けてたわけですが、あれ? って思ったのは一か月ぐらいたってからですねwww。
極端なトレーニングの変化はないのに体全体の脂肪がうっすら落ちている。しかも筋肉の量は増えたという感覚はなかったんですが、少しずつ体がいつもより軽く動くようになっていました。いつもだと15回×3セットぐらいで一杯一杯だったのが、一回ごとの動きが軽い、しかも、もう1セットいける感じでまだ余裕がある・・・
おや~ぁ?
筋トレをやっている人であればわかると思いますが、一か月程度でこんなにレベルアップするはずがありません。
私はもっとポンコツですwww。

正直最初気がつかなかったんですよ。なんか妙に体の調子が最近いいなぁ、ぐらいで。
馬鹿だねぇ~www。
もしかして、ってんでいったんアナバイトをストップしてみました。
私は一日3錠しか飲んでなかったので、このペースだと毎日飲んでも2か月持ってしまいます。とりあえずボトルの半分ぐらい残ってるところでストップ。これがやめてみると、一週間ぐらい時間をかけてじんわり元に戻ってく感じwww。
ん~、やっぱりこいつのせいかぁwww。
同じようなマルチビタミンで人気のAlive! Once Dailyと随分違うなぁ。
Alive! Once Daily
私の場合は即効性は無かったですが、気がつくとジワジワって感じでいつの間にか効いてるぞって感じでした。ローディングが必要っていう話もあるので、試すにしても1か月は飲み続けてみた方がいいと思います。

私みたいにクレアチンやHMB、グルタミンなどのサプリを併用していると即効性を感じないみたいですが、プロテインだけっていう人は結構効いてる感じがダイレクトらしいですよwww。
ジワジワって感じで効いてると、意識しないと気がつかないですが、結構やみつきになる効果です。

パワーアップと疲れないためにアナバイトとBCAAは組み合わせて使いたいwww

実は私、なるべく楽してっていうか、後々痛い思いしないで筋トレができないかなぁ~って、思って、アナバイトの組み合わせをいろいろ試してましたwww。
なのでここからは、もしかしたら人によっては全然使えねぇ~!! っていう私流の使い方です。
こんなことを言っている人はいないと思いますが、まあ、一応、参考までにwww。

いろいろ試して、私としてはBCAAとの組み合わせが一番しっくりきました。
せっかく筋トレサポートの機能と栄養素が入ってるわけだから、動くためのエネルギー源と一緒に摂った方が頭いいんじゃね? ということで、そちらをベースに試してみたわけです。
プロテイン+アナバイトというのが一番ポピュラーだとは思いますが、この組み合わせだと、両方とも遅効性というか、アミノ酸に分解されてからという感じになってしまうので、トレーニング前に補給というよりトレーニング後にアフターケアとして供給といった感じになってしまいますwww。
トレーニーとしては、トレーニングする前にパワー源を入れときたいんですよねwww。

で、結果としては、Xtend BCAA+アナバイトが結構いい感じでした。
Xtendは即効性と体感があるBCAAなので私も愛用しているBCAAです。

トレーニング30分前ぐらいに甘めのXtend BCAAで、アナバイト、クレアチン錠剤、HMB錠剤を流し込む。これが私のベストです。ぶっちゃけ別ページで飲むタイミングについて書いてますが、このタイミングは書いてないですwww。クレアチンやHMBについても、摂取タイミングはトレーニング前というのはないと思います。教科書通りなら、食後とかトレーニング後とかバラバラに飲まなきゃダメなんですが・・・正直、めんどくせ~www。
ぶっちゃけ色々長いことこの手のサプリは取ってきてますが、言うほど摂取タイミングで違いなんか感じないってwww。よっぽどムッキムキのハードトレーニーだったら気にすべきだと思うけど、パンピートレーニーの私程度では体感的には一日のうちどのタイミングで飲んでもそんなに違いはないですわ。あんまり大声じゃ言えないけど、これ、本音ですwww。自然と補強と回復とパワーをまとめてトレーニング前に飲むって方法に変わってきました。
ぶっちゃけ、ホントに BCAA、アナバイト、クレアチン、HMBは一日のどのタイミングで飲んでも私程度ではそんなに違いは感じないです。私はかえって、トレーニング前にまとめて摂取しておくと、パワーの出かたも持続力も違ってくるので、トレーニング重視の人はおすすめですよ。
もちろんトレーニング後にはプロテインで〆てくださいねwww。
まあ、トレーニング重視か回復重視か、それともコンセントレーション重視かで考え方は全然違ってくるかとも思います。ブログの方でもこの飲み方については書いてないので、あまり人がおすすめしてない方法で申し訳ないのですが、あくまで参考までにしてください。

 

参考文献
日本補完代替医療学会誌 新規抗疲労成分:イミダゾールジペプチド
リハビリmemo
厚生労働省 「統合医療」情報発信サイト
日経メディカル

▲TOPへ
▲TOPへ
Copyright (C) 最強マルチビタミンアナバイトの飲み方から成分まで疑問を解消! All Rights